トップ / 炭酸水のタイミングと注意

炭酸水で便秘解消

炭酸水のタイミングと注意

冷たい炭酸水を100ml飲む

便秘解消に効果のある炭酸水ですが、最大限の効果を得るために必要な飲むタイミングや注意点が何かあるでしょうか?

一番効果的な時間は、朝起きてすぐにコップ1杯程度(100ml~200ml)の冷たい炭酸水を飲むことです。炭酸水が腸のぜん動運動を活発化し、その後朝食を摂った後、トイレに自然に行くことができるというリズムが生まれるようになります。毎回の食事の時に、1日3回行うことができます。

消化不良気味の時は、食事の前に。胃酸過多の時は食事の後に摂取できます。

また硬水、中軟水、軟水という水の硬度の種類がありますが、硬水の炭酸水にはミネラルが多く含まれており、ミネラルにも腸の働きを助ける働きがあるのでおすすめです。しかし日本の水は軟水なので、飲みづらく感じるかもしれませんが、レモンを入れるなど工夫して飲むことができます。

炭酸水を飲むときにどんなことに注意できるでしょうか?炭酸により簡単に満腹感を得られるので、ダイエットにも効果がある炭酸水ですが、ダイエット効果も期待しているなら、カロリーゼロ、無糖のものを飲むことができます。

飲み過ぎにも注意しなければなりません。なぜなら炭酸水の飲み過ぎは逆に胃の活動を弱めてしまうからです。1回の摂取量は500ml、1日1.5リットルまでを目安にします。

妊娠中、おなかがはっている、便秘と下痢を繰り返している痙攣性(けいれんせい)便秘の症状が出ているなどの場合は、炭酸水を摂取しない方がよいでしょう。痙攣性の便秘は、腸のぜん動運動が過剰に行われ、腸が痙攣したような状態になる症状ですから、その時に炭酸水でさらにぜん動運動を促進するのはよくありません。

炭酸水は便秘解消の効果があります。毎日3回食事の時に、コップ1杯の炭酸水を飲むことを習慣にしてみましょう。

Copyright © 炭酸水で便秘解消できる. All rights reserved.